スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ

『挑戦する事が病気と向かい合う事』
パラリンピックに参加しているある選手の言葉

陸上競技(トラック競技)に、バスケット用の車椅子でスタート台に立ったが
走行する事を止められたアフリカの選手
理由は、陸上競技用の車椅子ではないから

パラリンピックに参加できる環境にいる選手は、恵まれていると思う










コメント

その通りだと、、、、
権利 重み  でも、みんな同じではないし
いつでも他を振り返る余裕を持っていたいです。 

この日を夢見て頑張ってきたのだと思います。
環境はもとより、関係者のちょっとした配慮があったならば、
状況は少しは違っていたかも。

お気の毒としか~いいようがありません。
なんとか夢だけは持ち続けてもらいたい。
こんなことで諦めないでほしい。次があるのですから・・・。

★ナナちゃん

賛同ありがとう。
前回のパラリンピックの時も思ったけど
誰(どの国)でも参加出来るわけじゃないのですね。
パラリンピックだけではなくオリンピックも、そういう点では同じかも。。

★ぷりちゃん

走行禁止となったアフリカの方は、運営側の配慮で『槍投げ』に出場していました。
もちろん順位は最下位
槍投げより、競技用の車椅子を貸し出す訳には行かなかったのでしょうか

「四年後のロンドンでは・・・」と仰っていたので救われましたけど・・・
ナンとも後味悪い結末ですね。
非公開コメント

プロフィール

やっくん

  • Author:やっくん
  • HP
    ■掲示板

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近のコメント

  • 06/30:やっくん

  • 06/25:こっぺ

  • 06/20:やっくん

  • 02/20:やっくん

  • 09/19:こっぺ

  • 09/13:やっくん

  • 07/10:こっぺ

  • 07/06:こっぺ

  • 07/05:やっくん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。